キャッシングの審査を通りやすくするコツとは

 

 
審査が心配で、キャッシングの利用をためらっているということはありませんか?
 
キャッシングの審査は収入があることと、ブラックリストに載っていないこと、この2つを満たせば、まず通るといっても過言ではありません。
 
もちろん、消費者金融には総量規制というルールあって、借り入れられる金額は限られますし、他に借り入れが多い場合は審査がちょっと心配ということもあります。
 
しかし、キャッシングを初めて利用するのであれば、こういった点は特に気にしなくても大丈夫です。しかし、同じタイミングで申し込みをしても、審査に通りやすい人と通りにくい人がいるのは事実です。
 
では、どのような点で違ってくるのでしょうか。まず審査に通りやすくするには収入に見合っただけの金額、返済可能な金額を借りるようにします。
 
目安としては年収の10パーセント程度と考えておくといいでしょう。年収200万円の人であれば、20万円までであれば無理なく返済ができるでしょう。
 
それから、金融機関によっても違って来ます。正社員とか公務員の人であれば、銀行を利用した方が、金利もあまりかからずに便利です。
 
しかしパートやアルバイト、あるいは自営の人なら消費者金融の方が審査基準が緩く、審査に通りやすくなります。
 
審査に通るためのコツとしては、申し込み用紙の記入で間違いをしないことです。自分の勤務先の正式名称や電話番号、あるいは自分の携帯番号などは、間違えないように正しく記入しましょう。
 
そしてどうしても審査に通りたい時は、ネットではなく店舗で申し込むことをお勧めします。
 
キャッシングの申込みを行う人がどのような人物であるかが一目でわかりますし、もし多少年収が少なくても相手に好感を与えることができれば、審査に通る率は高くなるからです。もちろんその場合は、服装や言葉にも気をつけるようにしましょう。